Live

XSplitの簡単ワイプ設定をやってみた!

投稿日:

どうも、田中です。

Streamするソフト「XSplit」のインストールを以前まとめました。

動画配信ソフト『XSplit』のインストールと使い方

どうも、田中です。 以前、無料で使える動画配信ソフトOBSを紹介しました。 今回はそれとは打って変わって、有料の動画配信 ...

多くのゲーム配信者は顔出しします。そのためXSplitにも、当然のようにワイプ機能があります。

今回はそのワイプ機能の使い方についてまとめてみました!

ワイプってなに?

ワイプっていうのはこの画像の左下みたいなやつです。

よくテレビとかでもありますよね。何かの動画を見ている出演者の顔だけが出てるエリア、あれこのことです。

 

必要なものはwebカメラのみ

このワイプで顔出しするのに必要なものはwebカメラのみになります。

キレイに映るかどうかはパソコンとの相性とカメラそのものの性能次第です。

 

私の場合はコレを使ってます。

私が買ったタイミングではXSplitのクレジット3ヶ月分が付いてました。お得です。

2ステップで簡単設定!

実際にワイプを表示して動画配信するまでの設定は、たったの2ステップだけです。

 

XSplitにデバイスを設定

まずはwebカメラをXSplitで使えるようにします。

といったも、パソコンにマウスやキーボードを繋げたことがある人にとっては簡単です。

だいたいのカメラはUSBケーブルで接続できます。(私が買ったやつも)

パソコンに繋げば勝手に設定されると思います。

 

パソコンとwebカメラの接続が終わったら・・・

XSplitでデバイスを設定します。上の画像を参考にソースの追加→デバイス→ビデオの順に進んでいくとパソコンと接続中のビデオデバイスが表示されます。

そこで利用したいものを選択すると配信画面にwebカメラの映像が写ります。

これでワイプ完成です!!

 

これだけだと不十分なので、もうちょっとだけカスタマイズしましょう。

もう少し見た目を気にしてみる!

webカメラをデバイスに追加するだけだとカメラの設定どおりがワイプとして表示されてしまいます。

ワイドで表示されると見られたくない部分も映る・・・とか

自分の顔だけ移したい・・・とか

そんな場合はXSplitの標準的な機能だけで実現できちゃいます。

 

まずは少しカメラウインドウをカスタマイズしてみます。

追加したデバイスを右クリックするとこのようにデバイスの設定が表示されます。

デフォルトだとマスキングがなしになっています。

 

マスキングのをとりあえず選択してみます。何かいっぱい出てきます。

ここで一番上にある形を見ると、角ばった四角や丸みを帯びた四角だったり、丸いのがあることがわかりますね

これはワイプの形を表しています。

 

テキトーに丸っぽいのを選択してみるとワイプ部分の見た目が丸くなりました!

ということで、たったこれだけでワイプの見た目をガラリと買えることが出来ます。

 

あとは見せたくない部分のカットだけです。カットするとこんな感じに自分の姿だけを出して生活感を極力減らすことが出来ます。(まだゴチャ付いて見えますが

表示部分のカットはAlt+左ドラッグで操作することが出来ます。

ワイプのフチにAltキーを押しなら左クリックし、ぐぃーっと動かすと縮めることが出来ます。

画像の例では右と左を中心に寄せています。もちろん上下についても同様の操作が可能です。

 

ワイプ自体を縮小したいときはAltキーを押さずに左ドラッグをすると画面を小さくすることが可能ですよ

 

急にワイプを消したくなったら

トイレに行く時や急な来客が来たときなどに、「写したくない!」と思ってもすぐ対応できます。

ソースの中にあるデバイスの赤枠部分をクリックしましょう。

すると直ぐにワイプが消えます。この操作はワイプ部分だけに限ったことではありません。

見せたくないモノをすぐに見えなく出来ますよ

 

最後に

XSplitでのワイプ設定は以上です。標準的な機能なので簡単でしたね。

私が配信するときはだいたい丸いワイプにしてます。

まるで集合写真を取る日に欠席した人みたいな感じの見た目です。でも、この見た目が好きですね!

 

ワイプの設定で困っている人のためになればと思います。

あとよかったらTwitch配信を見に来てフォローしてください!

-Live
-, ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.