プラグイン

WordPressのプラグイン「TinyMCE」のインストールと使い方

投稿日:2017-07-20 更新日:

どうも、田中です。

 

今回はWordPressのプラグイン

『TinyMCE』を解説します。

 

 

『TinyMCE』は記事作成のサポートをしてくれる

WordPressのプラグインです。

 

WordPressのデフォルトの記事編集は

シンプルすぎて使い勝手が悪いです。

 

以下のことが出来ません。

  • 表の挿入、編集
  • You Tube動画コードの挿入
  • 画像周りの余白設定

それが、『TinyMCE』の導入で解決できます。

 

また編集画面のレイアウトも自在に変更可能です!

自分勝手に、最も使いやすいレイアウトにして

作業効率もあげましょう!

 

 

設定画面

設定画面は以下のとおりです。

 

 

設定から『TinyMCE』を選択すると表示されます。

 

エディタの設定

設定画面の最上部で設定が可能です。

 

ここでの設定で記事を編集するときの

エディタのボタンやレイアウトが決まります。

 

もとからあるボタンも移動できるので

使いやすいように変更しましょう。

 

変更はいつでも可能なので

使ってみて、少しずつ使いやすくしましょう。

 

その他の設定

他の設定は特に必要でもないですが

やっておくと良いことを紹介します。

 

設定にある「コンテキストメニュー」

チェックを入れておきましょう。

私にとっては使いやすくなります。

 

ここにチェックを入れていると

記事内で右クリックをした場合、上のメニューが表示されます。

 

表を追加したい時にすぐ追加できますし

対象の文章や画像にリンクを作るのも

あっという間です。

 

ただし、ブラウザの標準メニューが

記事編集では表示されなくなります。

ご注意ください。

 

カンタンな使い方

実際に記事を書いてみましょう。

 

 

設定画面で編集した内容と同じメニューが表示されています。

 

これで

文字の色を変えたり、

背景の色をつけたり

文字サイズを変更したり

が簡単にできるようになりました。

 

設定さえ終わってしまえばカンタンですね。

 

最後に

 

以上で解説終了です。

 

デフォルトではできなかったけど

記事を書く上で必要になる機能が

あっという間に追加できますね

 

WordPressを導入したら

すぐに入れてしまいましょう。

-プラグイン
-, , , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.