WordPress

【取扱注意】※後戻りはできません
エックスサーバでWordPressを削除する方法

投稿日:

どうも、田中です。

 

多くのサービスを使い始める方法はわかっても、やめる方法や削除する方法の情報は少ないような気がします。

そこで今回は、『WordPress』の削除方法を解説します。

 

 

適用にインストールしてしまったから1から作り直したい!

どんなプラグインなのか試すために使ってたWordPressだったけど、不要になった!

などなど、理由はいろいろだと思いますが削除したいときってあります。

 

この記事ではWordPressを削除する時に注意する場所、確認しておく場所を解説しますね

 

 

まずは本体の「WordPress」

まずはWordPress自体を削除しましょう。

 

難しいことを言うと難しいので、カンタンに説明すると

WordPress自体はサーバにあるデータベースにインストールされます。

データベースはメモリーカードみたいなものです。

 

なのでそのメモリーカードからWordPressの情報を消してあげます。

 

動画を確認してもらうとわかりますが

インストール済みのWordPressは一覧で確認でき、WordPress一つ一つに削除ボタンが付いています。

削除したいWordPressを選択して削除ボタンを押しましょう!

 

確認しておく箇所は

  • URL
  • MySQL

の2つです。

 

URLは実際にブラウザに入力したときのWordPressのURLが記載されています。

MySQLはそのWordPressが入っているデータベースの名前です。

 

メモ

間違って削除しても私は一切責任を負いません。

削除するWordPressはしっかりと確認してから削除を実行しましょう!

 

次はデータベース「MySQL」

メモリーカードのデータを消したら

他のデータを入れることも出来ますが、一緒にメモリーカードも捨てたほうが管理し易いと思います。

ということでWordPressと紐付いていたMySQLというデータベースも消しましょう。

 

こちらもWordPressを削除したときと同様です。

一覧から選択して削除します。

上記のWordPress削除時に確認してもらったMySQLの名前と同じモノを一覧から探し、選択しましょう。

 

また、アクセス権所有ユーザという項目があるので

それも控えておいてください。

次に消す必要がある情報です。

 

WordPress同様に削除したら戻せません(バックアップがある場合を除く)

慎重に確認して、実行してくださいね。

 

動画内でも解説していますが、

WordPress等のサービスがインストールされていない、つまり利用されていないデータベースはアスタリスク[*]がデータベースの横に付いています。

ちゃんと[*]が無いことも確認してくださいね

 

最後はデータベースのユーザ「MySQLユーザ」

データベースを管理する人は絶対に一人以上存在します。

なので、削除したDBにも管理する人がいるはずです。

 

WordPressを設置する時にデータベースを自動で作成するように設定すると

データベースが作られるタイミングでユーザも新規作成されています。

 

WordPressを削除する時は、できればそこまで確認しておきましょう。

不要なデータは無い方が良いですからね

 

このMySQLユーザというのも削除する時は一覧から選択して削除するだけです。

データベース削除の時に控えておいたアクセス権所有ユーザを探して削除しましょう。

 

メモ

MySQLユーザは1人のユーザを複数のWordPressに設定することが可能です。

どこのWordPressでも使われていないことを確認してから削除しましょう。

 

最後に

WordPressの削除は

  1. WordPress(サービス)の削除
  2. 関連データベースの削除
  3. データベースのアクセスユーザの削除

で1セットです。

 

3ステップあるので面倒に感じますが、無計画に作ったり消したりすると

必要なWordPressがわかっても、不要になってるデータベースとユーザがわからなくなったります。

 

自分で運用することがメリットであるWordPressですが、ちゃんと管理しないと混乱の種です。

しっかりと1セットを意識して管理しておきましょう。

-WordPress
-, , , , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.