WordPress

WordPressの引越方法🚚
MySQLもサーバ知識も不要です

投稿日:2017-12-31 更新日:

どうも、田中です。

 

私事ですがWordPressを運営しているサーバを移転しました。

WordPressの引越しも同時にしたんですが、想像以上にカンタンです。

 

しかも、この方法なら

  • カテゴリー特化サイトの作成
  • WordPress以外からWordPressに
  • データベースの知識不要
  • サーバも不要※画像以外

と言った感じで応用も聞きますし、カンタンです。

 

サーバの移転や雑記ブログから特化ブログを作るときなどに参考にしてみてください。

 

 

引越しには専門知識はいりません!

WordPressはデフォルトで引っ越しするための機能があります。

WordPress同士なら一番カンタンです。

もちろん、他の無料ブログでもWordPressに引っ越すためのデータを取れるなら同じです。

 

引越の流れとしては

  1. 引越し元からデータを取得
  2. 引越し先にデータを入力
  3. 画像を引越し元から引越し先にコピー
  4. 画像URLを変更する

と言った感じです。

3と4については必ず実行するものではなく、必要なら実行してください。

 

画像がないブログってのは中々ありませんが、

私のブログもメインは記事と動画です。

動画はYouTubeからのプログラムのコードになっているので実質「テキスト」です。

この引越方法だとテキストは何も手を入れる事無く、引越しできます。

なので、動画も手を加えること無く引っ越せるというわけです。

 

引越し元からデータをエクスポート

データの取得はコンテンツ数によって所要時間は変わりますが

カンタンさは変わりません。

 

引越し元のWordPressの管理画面から

ツール→エクスポート を選択しましょう。

そうするとエクスポートの設定画面に移動できます。

 

あとは動画を参考に必要なコンテンツを取得して「XMLファイル」として保存しましょう。

この「XMLファイル」がバックアップにもなりますし、引越し先に入力するデータにもなります。

どこに行ったかわからなくならないように、管理しやすい場所に移動しておきましょうね

 

引越し先にデータをインポート

エクスポートで取得できた「XMLファイル」を使って、今度はインポートして引越し先のWordPressにデータを入力します。

引越し先のWordPressにログインしてインポート選びましょう。

 

ツール→インポート を選択するとインポートの設定画面です。

 

インポート自体は動画を参考にしてください。

こちらもコンテンツ数によって所要時間が異なりますが、ポチッとするだけで自動でインポートしてくれます。

用意するのは「XMLファイル」以外ありません。

 

コンテンツに画像が含まれていた場合

さて、ここからちょっと難しくなります。

引っ越し単体はエクスポート&インポートで完了なんですが

画像ファイルはうまいこと引越しできないようでした。

 

なので、最低限のサーバ操作が必要です。

もちろん、一番最初にも説明しましたがコンテンツに画像が含まれている人だけです。

画像がなければ不要なので読み飛ばしちゃってくださいね✈

 

画像のエクスポート

画像の引越しはサーバにアクセスする必要があります。

FTPクライアントを使うとカンタンなので、それを使ってやりましょう。

 

FTPクライアントがなんだか分からない、まだ使ったことがないって場合は

こちらを参考にFTPソフトを準備しましょう。

FTPツールのインストール方法と設定方法

どうも、田中です。     今回は「FFFTP」というFTPツールの インストールから初期設定までを ...

↑もちろん無料のツールなので安心して下さい。

 

FTPクライアントを準備できたら、引越し元のWordPressのサーバにアクセスして画像をダウンロードします。

記事の引越しで行ったエクスポート見たなものですね

 

画像が保管されている場所は人によって、利用しているサーバによって異なる場合があります。

個人で確認するしか無いので、しっかりと確認しましょう。

 

メディアの項目からアップロード済みの画像のURLを確認すると

カンタンにわかると思いますよ

 

画像のインポート

引越し元のサーバからダウンロードした画像を引越し先のサーバにアップロードすれば終わりです。

 

ただ、注意しなければいけないのがアップロードする場所です。

画像が記事などのコンテンツに表示されているというのは

画像の場所のURLがコンテンツに記載されているってことになります。

 

つまり、もとのサーバと同じ階層になるようにアップロードする必要があります。

 

別の場所にアップロードしてしまうとコンテンツに設定されている画像のURLと別の場所を参照しようとするので、何も表示されないことになります。

あまり労力を使いたくないなら同じ階層を作ってあげてから画像のアップロードをしましょう。

 

別の場所に画像をアップロードするなら

別の場所に画像をアップロードしても問題はありません。

 

うえでも説明したとおり、

コンテンツのURLと実際の画像のURLが違うことが問題なので、

コンテンツのURLを修正すればちゃんと画像が表示されます。

 

ある程度、法則性があるならSearch Regexというプラグインで一気に修正することも出来ます。

記事数が少なければ個別に1つずつ対応しても良いかもしれませんね

 

面倒だと思うなら同じ階層にアップロードするのが一番カンタンですよ

 

最後のまとめ

動画と記事を合わせて確認してもらうと

WordPressの引越しが以下にカンタンで楽ちんかわかってもらえたかなと思います。

 

サーバの引越しやブログの特化ブログ化など、ありえない話では全然ありえません。

 

処理速度に不満を持ったり、アクセスをさばけないなどの理由でサーバを変更することもありますし

雑記ブログとして運用していたものから一部のカテゴリーの記事を特化ブログ化するなど

WordPressの引越しは思っているよりも身近なことです。

 

実際やってみると面倒なことは画像くらいです。

時間がかかるのも画像くらいでした。

 

引越しのタイミングが来たらこの記事を参考にしてみてください

-WordPress
-, , , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.