アプリ

Uber Eats使ってみた!注文方法とプロモーションの適用方法などなど

投稿日:

どうも、田中です。

以前、Uber Eatsの登録を記事にまとめました。

はじめてのUberEats🍴初期設定に必要なことは?

どうも、田中です。 Uber って使ったことありますか?私はまだありません。 Uberのサービスにはタクシーサービスとデ ...

そこで今回は使わなければ意味がない!ということで、さっそくUber Eatsを利用してみました!

新しいサービスって使ってみないと覚えられませんが、初めて使うのが怖かったりします。
はじめてのスタバみたいなもんですね

UIなどの見た目も簡単操作できるようになっているので、この記事を参考にUber Eatsを利用してみてください。

 

 

 

注文の流れはこんな感じ

某ハンバーガーチェーンにてプロモーション中だったので、安く初体験したい私は迷わずその店をチョイスしました。

※プライバシーのため住所などはモザイクをかけてます。

 

まずは店を決める

アプリを起動するとこんな感じで表示されると思います。一番左の店?のようなアイコンが選択されている状態です。

この画面をスクロールしたり、もう一つとなりの虫眼鏡アイコンを選択して店を決めます。

今回はプロモーションを利用して安くご飯が食べたいので某有名ハンバーガーチェーン店を選びました。

 

注文をメニューから選択

店の選択が済んだら今度はメニューです。

メニューは店ごとに違うのであくまでも例の一つだと思って見てください。

このハンバーガーチェーンの場合だと一覧にハンバーガーの画像が表示されています。上記の画像はそのなかの1つを選択した状態です。

ハンバーガーのセットの場合はこのようにサイドメニューやドリンクの選択肢も表示されます。項目に必須とあるものは必ず一つ選択しなければなりません。

余談ですが、チェックボックスタイプの入力項目は複数選択ができます。ラジオタイプの入力項目は1つのみ選択可能です。

 

配送先を選択

注文する商品が決まったら今度は場所です。

このように商品が入ったカートを確認すると配送先の選択が可能になります。

今いる場所や設定済みの住所などにデリバリーしてもらうことが可能です。

 

決済する

商品、配送先が決まったら決済です。

カート画面からそのまま舌にスクロールしていくと支払い金額や利用するカード情報が表示されます。

もし、支払い情報で表示されているカードではなく、他のカードを利用したい場合は「変更」をタップしましょう。

すると、上記のように支払いオプションが表示されます。複数の支払い方法が設定されている場合はいずれかを選択できます。

また、カード情報の下の「プロモーションコードを追加」を選択すると上記の画面が表示されます。(ちょっと色が薄くて初回利用だと見逃しがちです。)

この画面で利用可能なコードを入力すればお得に注文することができます。

 

実際にプロモーションコードを適用してみると支払い情報がこのようになります。↑

今回の例だと500円分割り引かれて配送手数料を含めても店舗に行って注文するよりも安くなっていますね。

 

配送を確認する

決済が終わると配送が始まります。Uber Eatsではこんな感じでアプリで進捗を確認できます。

注文したばかりで確認してみると、まだ店にUberが来ていない?ようでUberの情報がありません。ただ到着予定時刻があるだけです。

しばらくするとこんな感じの表示に変わります。上記の赤枠部分がUberです。どのくらい近づいて来ているのかわかりますね

あと今回のUberは画面下のUber情報にもある通り自転車で運んでくれているようで、アイコンも自転車っぽいのかな?と思います。
これが車やバイクになるとアイコンも違ってくるのだろうか、という疑問が生まれましたが今後利用して解決してみたいと思います。

 

商品を受け取って注文完了!

配送を見守ったらあとは受け取るだけです。こんな感じのバックに注文した商品が入っているのでちゃんと受け取りましょう。

私の場合は自宅で受け取りましたが、自宅からちょっと離れたところで受け取るようなこともできるそうです。

配送してくれたUberが最寄りまで来たら電話で連絡をくれました。
「近くの目印になるようなところで商品を渡すか、それとも自宅まで運びましょうか」といった内容でした。

初めてでピザデリバリーと同じような気分で利用したので迷わず「自宅で!(雨降ってるし)」と答えましたが、プライバシーの観点などから聞いてくれたのかなと思うと素晴らしい配慮だなぁと思いました。

マニュアルかもしれませんが

プロモーションを活用する!

今回の「Uber Eatsを使ってみよう!」と思い立ったのもプロモーションがあるならってところからでした。
うちのポストに画像のチラシが入っていて、Uber Eatsにも興味が出始めていたので

「いつも」というわけには行きませんがプロモーションを活用すると店舗に足を運ぶ手間なく通常よりも安く済みます。

チラシのようなアナログなものもあればSNSなどでシェアされていることもあるようなので積極的に活用してお得にご飯食べましょう。

 

商品はこんな感じで届きます。

(部屋が汚いのでサクッと画像編集しました。)

商品自体は紙袋に入っていました。店舗で持ち帰りを選んだときと同じですね。でも一箇所いつもと異なるところが目に入っているはずです。
違うところは一目瞭然ですね

Uber Eatsで注文した際には開封箇所にシールが貼られています。かなり強力なシールです。
きれいに剥がすことは難しいですが破るのは簡単なので食べるための苦労はありません。

おそらく配送途中のトラブルをなくすためだと思います。

他のデリバリーもこういうのがあるといいなぁって思いました。(ピザとか結構ガバガバな気がする)

 

注文後はUberの評価も

注文したあとはUberの評価ができます。注文の流れでチラ見えしてたUber情報の○○%とかの部分ですね

アプリの右から3番目、左から2番目のレシートのようなアイコンを選択すると注文履歴を確認することができます。

そして「評価」というボタンが有ることがわかります。ここからUberの評価をすることができます。

評価は簡単です。良かったor悪かっただけです。

他のUber Eats利用者のためにもちゃんと評価しておきましょう。

最後に

以上が私のはじめてのUber Eats体験でした。

注文した日はUberには申し訳なかったのですが雨の日でした。こんな日こそUber Eatsは便利です。これから暑くなってエアコンの効いた部屋から出たくない日々になると思うので私にとっては必須のサービスになりそうです。

プロモーションコードを活用することで、通常の注文に配送料を加えた金額よりも安くすることができました。

Uber EatsのTwitterでもプロモーションの情報を得ることができます。それらを上手に使えば店舗まで行くよりも安く、そして圧倒的に安価でいつもの外食を自宅ですることが出来ることがわかりました。

また、金銭面的なメリットだけでなく時間・自身の労力にとってもメリットです。自分で行くこと、そうすることでかかる時間と疲労、そういった諸々を考えても配送料は安いです。タクシーで往復するよりも圧倒的に安く宅配便よりも圧倒的に早いんですから

時々は散歩がてら外食するべきだと思いますけど(運動不足解消のために)

 

あとUberに限らずデリバリー全般に言えることですが、他人に住所を知られてしまいます。

しかし、Uberの場合は自宅の近くで待ち合わせしそこで商品を受け取ることもできます。

寿司やラーメンのように器を返すこともないので正しい住所(あなたの自宅まで)を配達員は知らなくてもいいんです。受け取ってくれさえすれば

その点、利用者からすればUberの方が安全性を感じるかもしれませんね。

 

上記が初めて使ってみてざっくりと感じたことです。

便利ですしプロモーションを利用すれば安くつくこともありますし、家まで来られるのが嫌なら最寄りの交差点とかにもお願いできて安全です。

残念ながら利用できる範囲が狭いので残念ですが、利用できるなら1度は使ってみてはいかがでしょうか。

-アプリ
-, , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.