テクニック

コンテンツを作るコツ!カプセル化を意識する

投稿日:2017-07-25 更新日:

どうも、田中です。

 

今回は、『カプセル化』を意識して

コンテンツを作るコツを解説していきます。

 

 

『カプセル化』と言うのは

薬のカプセル をイメージしてください。

 

薬のカプセルの中って、

色々な薬が入っていますよね

 

そのどれかが欠けても効果は出ません。

コンテンツも同じです。

 

コンテンツを手に取る人は

  • コンテンツを得ることによる価値
  • コンテンツの実行方法
  • コンテンツの実行手順

を知りたがっています。

 

あなたもコンテンツを探す時

同じことを考えていませんか?

 

求めていることすべてを詰め込むことで

高品質のコンテンツを作ることが出来ます。

 

 

コンテンツの大前提

コンテンツには

価値 がなければいけません。

 

価値がなければコンテンツとも呼べませんね

 

しかし、価値という言葉をあまり深く

考えすぎないようにしましょう。

 

価値というのは

何らかの情報だったり、ツールの利用方法やお得な使い方

などなどのことです。

 

「そんなことでも勝ちがあるのか~」

って思いませんでしたか?

 

あなたが友達や親に教えてあげられるようなことは

十分に価値があるということです。

 

 

さらに価値を上げたければ、

自身の体験を加えることで

どーんと価値が出ますね!

 

カプセル化を意識する

冒頭でも説明したとおり

『カプセル化』は薬のカプセルのイメージです。

 

コンテンツを達成、もしくは再現するために

必要なものすべてをまとめてあげることで

高品質なコンテンツが作れます。

 

その中でも意識することを解説します。

 

コンテンツの利用方法をステップにする

利用方法をステップに分けてあげると

すごく見やすく、わかりやすいコンテンツになります。

 

コンテンツを手に取る人は

時間がある方ばかりでありません。

 

実行方法をステップにしてあげることで

どこまでやったか

がわかるようになります。

 

これがコンテンツだけでわかるようになっていれば

不要な問題やクレームはなくなりますね

 

コンテンツの実行するための順序を教える

ステップに分けてあげても

順序を間違えれば実行できないこともあります。

 

また、正しい順序を教えることは

ステップに分けた作業の実施も確認できるので

大切なコツになります。

 

最後に

 

以上で解説終了です。

 

『カプセル化』を意識することで

コンテンツの作成がしやすくなったのではないでしょうか。

 

コンテンツとして価値があり

作業内容をステップ分けして

正しい順序にして並べる。

 

作業内容一つでもコンテンツになりますから

複数のカプセルを大きなカプセルにしたら

大ボリュームのコンテンツの出来上がりですね。

 

『カプセル化』を意識してコンテンツ作りに励みましょう。

-テクニック
-,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.