Monetize

PayPal.Meでブログにカンタンに投げ銭機能を付けてみた

投稿日:

どうも、田中です。

 

もともとは日本人には馴染みのないチップやドネーションが少しずつですが日本にも浸透を始めてきました。

チップやドネーションと言われると聞き覚えがないように思いますが、それぞれのサービス独自の名前なら聞いたことがあるものもあるんじゃないでしょうか?

 

たとえば、YouTubeならLiveでの「スーパーチャット」、noteなら「サポートする」などです。

チップとは言いませんが、クリエイター側(コンテンツを作った人)が値段を提示するわけではなく、あくまでもそれを支持する人が値段を決めてクリエイターにお金という形でサポートしている感じです。

で、よく聞くwebサービスを使わないとこの仕組を導入できないわけじゃない!というのが今回の記事です。

YouTube、Twitch、noteなんかではよく見かけるDonation(つまり投げ銭)がすごく簡単にWordPressのブログにも導入する方法があります。

その中の一つがPayPal.Meってやつです。

 

今回はこのPayPal.Meについてまとめてみました。

 

PayPal.Meとは?

PayPal.Me』はPayPalサービスの1つです。

つまり、PayPalのカウントが必要ということです。※詳しいことはこちら

 

田中の解釈レベルで言うと、

自分専用のURLを作ること出来て、集金箱にできる

 

って感じのサービスです。

 

(ある程度)スキなURLで自分専用の集金箱を作れる

https://www.paypal.me/ のあとに半角英数字で好きな文字を設定することができます。

それがあなたの集金箱になります。

あとはコンテンツを見て有益だと感じた人やサポートしたいって思ってくれた方がいれば言い値を振り込めるようになります。

 

やらなきゃいけないことはこれくらいって言えば、これだけですね。

URLを教えるだけでお金を入れてもらえる用意ができる

PayPalアカウントがあって、『PayPal.Me』のサービスを使い始めればあとはそれを知らせるだけです。

Twitterの自己紹介欄にURLを設定してもいいですし、LineやメールでURLを送ってもいいです。

 

ブログに設定する方法

先ほど説明したとおり、『PayPal.Me』を使って送金をしてもらうのに必要なことはURLだけです。

URLだけってことはリンクのまま利用することも可能ですが、WordPressならボタンや画像のURLとして使っても動作するということです。

 

ということで、こんな感じのボタンを作るだけ投げ銭機能が実装できちゃうってことですね

 

この他にも田中のブログでは右側に表示されるウィジェットにも入れてみました。

個別の記事に入れるのも良いかもしれませんが、ウィジェットに入れていればいつも見れますね。

 

もちろん個別記事の末尾に常に表示するようにとか、最上部に表示するようにしても良いかもしれません。

そして、それらはWordPressなら簡単にできます。

 

PayPal.Meのもう少し便利な使い方

PayPal.Me』を使ってみると少しイジるだけで見る側にとって便利に見せることができます。

簡単にできる設定をここでは紹介します。

送金の目安を設定する

PayPal.Me』は先にも説明しましたがPayPalのサービスの1つに過ぎません。

ということは、金銭のやり取りに関して手数料があるということです。

 

PayPal.Me』では好きな金額(それこそ1円単位で)のやり取りが可能です。

が、手数料を考えると実際に振り込んでもらった側にとって利益を生まないこともあります。

なのでざっくりと目安金額を設定しましょう。

 

田中の場合、『PayPal.Me』のURLを以下のようにしています。

https://www.paypal.me/oddjobman

このURLを押すと

こんな感じの画面が表示されます。

これの困るところは金額が「0円」になっているところです。

PayPal.Me』に詳しい人なら「0円」の部分をいじって金額を指定してボタンを押すってことがわかりますが、初見ではよくわかりません。

そこで目安金額を設定しておきます。

設定方法はカンタンです。

 

https://www.paypal.me/oddjobman のURLを

https://www.paypal.me/oddjobman/1000jpy とするだけです。

もともとのURLに1000とJPYを追加しただけです。

金額は数字で、その後ろに通貨を設定しているってことですね。

このURLを押すと

このように「1000円」の表示が最初から表示されるようになります。

目安がある方が便利ですよね

 

PayPal.Me』もPayPalと同じハードルがある

PayPal.Me』もPayPalの1サービスなので、支払う側もPayPalアカウントが必要になります。

※PayPalの有料サービスでクレカからの振込を可能にすることができます

 

PayPalが世界的に見れば利用者数も多く、安心・安全なサービスで有名ですが、日本では活用しない人のほうが多いです。

(海外ECサイトの購入でクレカ使うのを怖がらない人が多いと思うので)

なので、支払う側にアカウント開設が必要なのはハードルが高いと言えますよね

 

使ってみた感想

PayPal.Me』を使い始めるのも、ブログに入れてみるのもカンタンすぎてびっくりしました。

WordPressに限らず、ブログサービスを利用したことある方なら苦戦するようなことは無いと思います。

この記事で金額の初期値だけ設定を覚えておけば、他はたかがURLなので悩みようがないでしょう。

 

PayPal.Me』自体は金銭取引が発生するまで手数料も利用料も発生しません。

ただ置いておけば、ただの箱ってことですね。

 

置かないよりは、よっぽど景観(レイアウト)を崩すってこともなければ置いといて損はないカンタンな手だと思いました。

 

-Monetize
-, , , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.