マインド

感情よりも事実を見ろ!

投稿日:2017-10-23 更新日:

どうも、田中です。

 

今回は『感情よりも事実を重視』について解説します。

 

 

コミュニケーションを取っていくと

感情だけで動いてしまうことってあります。

 

もちろん、感情で動くことも重要です。

人柄だってビジネスには重要ですから

 

なんとなく気に入らない人もいますし

なんとなく気に入った人も居ます。

 

しかし、その一歩手前では

物事の本質を客観的な目線で見れるようになりましょう。

 

「気に入らないから、あいつの言っている事は信じない」

というような考えでは

ビジネスしていく上で良い結果は生まれません。

 

 

感情だけでは気付かない

感情だけの判断は不安定で不確実です。

感情に左右される前に考えるべきことを整理して

一旦、感情と切り離して考えてみましょう。

 

以下のようなことを感情を捨てて考えてください。

  • やるべきこと
  • 理想の人生
  • 人生のための働き方

感情に左右されていると

上記に上げた例はブレやすいです。

 

感情的にならず、なぜそれが理想なのか

なぜやらなければならないのか

を整理して自分の進む道をキレイにしましょう。

 

感情とは

感情とは簡単に言うと

その時の気分とも言えます。

 

感情的になるのは悪いことではありません。

誰だって、どこかしらは感情的になる部分があります。

 

しかし人生での目標など

その時の気分で決めてブレるようなものは

感情抜きに考えたほうが良いですね

 

客観的事実

客観的な事実を見抜くことが必要です。

 

ビジネスだけでなく、殆どのノウハウで

その人だから成功したのか

その方法だから成功したのか

を見抜くことが一番重要です。

 

私が伝えるようなことは後者になります。

私だから出来たようなことは

別の誰かに伝えたって意味ないですよね

 

行動に対する結果には「人」の要素は不要です。

「人」の要素が必要ならば、

そのノウハウに価値はありません。

 

最後に

 

以上で解説終了です。

 

感情抜きでは生きられませんが

ブレてはいけないことを考える時や

ノウハウを学ぶときには感情を捨てましょう。

 

そして、そのノウハウを客観的に確認してください。

そのノウハウの提供者を気に入っているから

という気持ちがあっては事実を見落とすこともあります。

 

あくまでもノウハウとして成立するのは

行動と結果だけです。

ここに人が加わるのであれば偽物ですね

 

何かを確認する時は客観的な事実を重視して

確認するようにしましょう。

-マインド
-, ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.