マインド

貰う側から与える側にジョブチェンジ

投稿日:2017-10-16 更新日:

どうも、田中です。

 

今回は『貰う側から与える側に!』ということで

解説します。

 

 

ビジネスでは与えることで

もらえるモノが2倍にも3倍にもなります。

 

受け取る側は何らかの対価を支払い

何かを貰います。

 

しかし、与える側は対価を貰うことで

渡します。

 

当たり前のようですが

貰う側と与える側は真逆の存在です。

 

では、ビジネスに焦点を合わせた時は

どちらの立場が良いでしょうか?

 

 

そもそもビジネスって?

ビジネスとは以下のいずれかを満たしたものです。

  • サービスの提供
  • 物資の提供

つまり、何らかの価値を与えるってことですね

 

貰う側とは

貰う側というのは

サービスを利用する人 です。

 

利用する側は以下のものが必要です。

  • お金

例外もありますが、

殆どの場合はお金を消費することで

サービスという対価が得られます。

 

与える側とは

与える側とは

サービスを提供する人 です。

 

なにかの対価として

サービスを渡します。

 

価値を提供し続ければ

それを受け取りたい人はどんどん集まりますし

対価が「お金」だとすれば、それが

比例して増えていくのは言うまでもありませんよね

 

ビジネスをするなら

ビジネスとして考えるならば

最初は貰う側でも、最終的には与える側になる必要があります。

 

なにも貰うな!

 

とはいえないってことです。

 

なぜならば、多くの人は0から

ビジネスを始めます。

 

何も持っていない状態から創造していけるひとは

居ますが誰でもではありません。

(ちなみに私も出来ませんw)

 

そして貰うことからビジネスは展開できます。

別の記事で解説している「守破離」のマインドです。

真似ぶから始める守破離!

どうも、田中です。   今回は『真似ぶから始める守破離!』 について解説します。     ...

 

改めて説明しませんが

貰うことは必要です。

 

しかし、最後には与える側にならないと

ビジネスを成功させることは出来ません。

 

貰ったときから、それを自分から渡すなら

どういう補強をするか

貰ったものを使った時に不便はないか

といった与える側の目線で考えるようにしましょう

 

最後に

 

以上で解説終了です。

 

貰う側から与える側へは

ジョブチェンジ出来ます。

 

解説中にも言いましたが

最初から与えることを考えましょう

ただし、貰ったらいけない

と言うのは間違いです。

 

これを

与えなきゃいけない

もらってはいけない

と思っていると何も始まりません。

 

最初はがんがん貰いましょう。

それは学びと同じです。

幾つものアイディアに触れることは

あなたの持つ新しいアイディアの

発掘にもつながります。

 

貰ったモノすべて、そのための

スコップだとでも思ってください。

 

手で掘っても見つかりますが

スコップのような道具を使ったほうが早いです。

 

このような意識を持って

自分のアイディアを見つけて

発信して与える側にジョブチェンジしましょう!

 

-マインド
-, , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.