Tools

追加ソフト不要!無料でカンタン♪
画像のモザイク加工方法

投稿日:

どうも、田中です。

 

写真もイラストも情報発信では使う機会が多いものです。

画像があるだけで見栄えも良くなり、

内容も伝わりやすくなりますからね!

 

しかし、動画に比べればカンタンですが

それでも結構ハードルが高いのが画像加工です。

 

今回はWindows限定ですが、パソコンを使い始めたばかりでも

簡単にできるモザイク加工方法を紹介します。

 

動画ではWindowsのパソコンに標準装備されている

ペイント というソフトを使って、

誰でもカンタンにモザイク加工をする方法を解説してます。

 

 

 

ペイントの起動方法

ペイントはWindowsのパソコンなら

最初から搭載されている無料のソフトです。

 

標準では上記の画像のように

Windowsアクセサリ > ペイント

という場所にあります。

 

よく使うならこちらを参考にしてショートカットを設定するか

シンプルで便利なアプリ起動ランチャー「CLunch」のインストールと使い方

どうも、田中です。   今回は『Clunch』というアプリ起動ランチャーの インストールと使い方を解説します。 ...

 

もしくは、対象のソフトをドラッグ&ドロップして

上記の画像の赤枠のように

見やすい場所に置いとくといいですね

 

モザイク処理の具体的な方法

任意の画像の一部にモザイクを加えるため作業は

  1. 画像をペイントで表示
  2. モザイク加工
  3. 加工後の画像を保存

と言った感じで3STEPで完結してしまうカンタンっぷりです。

 

各作業について、もう少し詳しく紹介します。

 

画像をペイントで表示

まずはモザイク加工したい画像を選びます。

そしたら、画像を右クリックします。

そうすると上記のようなメニューが表示されます。

このメニューで赤枠の部分、編集を選択すると

パソコンの設定がデフォルトの場合はペイントで画像が表示されます。

 

設定を変更している場合は、ペイントを先に起動して

上記の画面のように

ファイル > 開く

を選択して、そこから編集したい画像を編集しましょう。

 

モザイク加工

モザイク加工の方法は動画で解説している通り

モザイクを付けたい部分を選択して、

選択エリアを一度縮小、そして再び拡大するだけです。

 

言葉で伝えるとコレだけなんですが

なかなかイメージが湧きづらいと思います。

 

わかりづらい場合は動画で確認してください。

 

加工後の画像を保存

画像を選択して表示している場合、

通常の保存をすると上書き保存になります。

 

加工前の画像を残したい

という場合には一手間加えて

ファイル > 名前を付けて保存

を選択しましょう。

そうすると加工後の画像は別の画像として保存することが出来ます。

 

また、本当に大切な画像を編集する場合はバックアップを作りましょう。

バックアップいっても画像のコピーを作っておくだけです。

ただこれだけで、間違って上書きをして元のファイルを失うリスクはなくなりますよ

 

モザイクの濃度変更

すごく濃いモザイク(殆ど見えないような)を付けたいときや

かるいモザイク(若干、元の画像がみえるような)を付けたい時も

この方法なら調整することが出来ます。

 

ただ、そのモザイクの濃度は数値化出来るものではなく

目視確認でしか変更できません。

 

モザイクを付けてみて薄く感じたら

もう一度、モザイク加工の作業を同じ箇所に行えば

最初よりも濃いモザイクなります。

これでどんどん濃いモザイクにすることが可能です。

 

逆に濃すぎるモザイクを修正したい場合は

一旦ファイルの加工を破棄して

再度、最初から加工する必要があります。

 

最後に

以上でWindowsのパソコン限定ですが

最もカンタンでパソコン購入時から可能な

モザイク加工方法の紹介は以上です。

 

操作自体もファイルを選んでマウスだけでモザイク加工できるので

すごく簡単だと思います。

 

モザイクの濃度の調整はちょっと厄介ですが

標準装備のソフトなので、ココまでできれば十分だと思います。

 

情報発信をする上で重要なのは

発信するところだけ発信する

ということです。

 

個人情報に繋がるような情報は発信する必要ありません。

取扱にはくれぐれも注意しましょう。

-Tools
-, , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.