ライフ

EMSがなかなか届かないときにやること

投稿日:2018-09-10 更新日:

どうも、田中です。

 

数ヶ月前に奥様の実家に送った荷物が全く音沙汰ありません。

流石に送ってから1ヶ月過ぎたので、やれる範囲でやれることをやってみました。

そもそもEMSって何か

EMSとは一言で言えば、国際の速達書留のようなものである。 補償があり、速達と同等以上の速さで輸送される。

引受から配達までの送達をバーコードラベルで記録・管理しており、多くの国でパソコンや郵便局の端末による郵便物の追跡も可能となっている。

・・・というのがウィキペディアからの抜粋です。詳しくはこちら

 

簡単に言えば、日本から別の国に送るなら最速の郵便サービスってことです。

殆どの国に送ることが出来て問い合わせ番号がわかっていれば日本の郵便局で検索できるのはもちろんのこと、相手の国の同様のサービスからも同じ番号で検索できます。

 

今回は送った場合のEMSをメインにまとめていますが、通販をするひとは別の国から発送される商品なんかの検索ができるのもこのサービスのお陰です。

ざっくりと今相手の国を商品が出たとか、日本まで来た。って言うのがわかるのは便利ですね

 

EMSが届かない時に考えられる要因

考えられる要因は以下の2つくらいです。

  • 荷物の消失
  • 航空機トラブル

その他にも税関でのトラブルなんかもありますが、基本的には送る時にちゃんと手続きをしていればそれが原因で届かないことはありません。

アヤシイものを入れていればチェックに時間がかかるって程度です。

 

航空機のトラブルっていうのは天候や世界情勢なんかの変化で、その国に荷物をおくるルートが変更されたり、そもそも飛行機が飛ばなくなった場合です。

これは1ヶ月以上は遅れます。(いつもの時間に比べて)

 

そして一番困るのが荷物の消失です。

正直な話、荷物は盗まれることもあります。壊れて捨てられてしまうこともあります。

日本国内でも荷物の消失は0%とは言えませんが、殆どありません。でも、国内外かかわらずそんな時は諦めるしかありません。

 

原因の確認をお願いする!

今回はまだ何らかのトラブルなのか、荷物のロストなのか、また別の原因なのかわかりません。

こんな状況です。コレを見るに日本からは出発したことは確かのようです。

でもこの状態になってから1ヶ月以上は経過しました。これは時間が立ちすぎです。

だって飛行機に乗って行くなら乗り換え含め15時間位で行けるんですから

 

ということで調査依頼をしてみました。

まずは郵便局のこのページに行ってみましょう。

一応URLはココです(https://www.post.japanpost.jp/int/question/138.html

画像の赤枠部分を押すと調査依頼に必要なドキュメントをダウンロードすること出来ます。

ダウンロードされるファイルはWordですからOfficeソフトが必要になります。が、私は持っていないので

このようにGoogleドライブにアップロードしました。こんな感じになります。

その後はこのファイルを選択してGoogleドキュメントとして確認します。

完璧ですね!

あとは編集もできるので必要事項を書き込んでプリントアウトするだけです。

 

ちなみに郵便局からもらったこのドキュメントは2ページ構成になっていて、1ページ目が画像の通りテンプレートです。

2ページ目は記入例になっています。

例に習って太枠の部分だけ書きましょう。

 

もし、それでもよくわからなかった私のような人だったら郵便局にまず行きましょう。

最低限「送り状」だけ持っていればなんとかなります。

EMSが1ヶ月以上立ってるのに届いてないんですが・・・

これで伝わります。郵便局の職員さんは優秀です。

 

あとは送り状の問い合わせ番号で状況を調べてくれて、上の画像のプリントをくれます。

私は書いて持っていったのですが、不安だったのでもう一度もらってもう一度その場で書きました。

あとはお願いして祈るだけです。

 

ついでに、なんでGoogleドライブに入れてGoogleドキュメントとして確認するの??と思われそうですが、Officeソフトがないと

特別なソフトなどをインストールしていないパソコンの場合は上の画像と同じように、ワードパットというソフトでドキュメントを確認しようとすると思います。

そうするとこんな感じ・・・・・・読めねぇ

 

ということで、無料で確認するためにGoogleドライブを使うと簡単だよ♪

調査依頼をする時の注意!

郵便局のサイトにも記載がありますが、一部のエリアを除き調査をしてくれるのは6ヶ月以内の郵送に対してのみになります。

 

残念なことに送ったら届くのが当たり前ではないので、しっかりと進捗確認しておきましょう。

最悪のケースもしっかり考慮して、少なくとも送り状は届くまで保管するのが吉です。

 

調査の結果は電話と封書

私の経験上ですが、

調査してもらった結果は、最終的に届いてくれると封書できます。

そして残念ながらロストした場合は最初に電話がきて、その後損害賠償請求書と一緒に封書でも連絡が来ます。

 

肝心の調査の結果ですが、私は「不明」しか回答をもらったことがありません。

なんかよくわからないけど遅れて届いた。っていうのと

なんかよくわからないけどなくなった。っていうのだけです。

どうして遅れたとか無くなったとか、もう少し詳しくわかればいいのになぁ…

 

最後に

やれることだけやったら最後は待つだけです。

正直これ以上は残念ながら何も出来ません。あとは結果を待つだけです。

 

でも殆どの場合はEMSちゃんと届きます。そして早いです。

郵便局のwebサイトから追跡もできますし便利です。

 

追跡の依頼をすることのメリットはちゃんと連絡をくれることです。

追跡依頼をしていない場合はいくら届くのに時間がかかっても、届かなくても何も連絡ありません。

なので最低限、この調査依頼だけはしておいたほうが良いですよ

電話だったり封書で連絡くれますから

 

1ヶ月以上過ぎてたら、それはもう遅いのでちゃんと調査を依頼しましょう。

-ライフ
-, , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.