テクニック

コンテンツはカプセル💊

投稿日:2017-11-19 更新日:

どうも、田中です。

 

今回はコンテンツ作成のコツとして

意識してもらいたいイメージについて解説します。

 

 

 

コンテンツの大前提

コンテンツには一つ以上の

価値

がなければいけません。

 

むしろ、コレがなかったら

ナニモノでもないゴミですね

 

ただ、価値って難しくありません。

「価値」を提供しろ!

と言われると難しく考えすぎる人が居ますが

一般的にコンテンツの「価値」とは

以下のようなものになります。

  • サービスを利用するための方法
  • ツールの利用方法
  • ツールの便利な使い方
  • サービスを利用した感想

などなど

 

こうやって見るとコンテンツに必要な「価値」って

難しくないですよね

 

例に上げたような情報は

必要とされている情報だから「価値」があります。

 

そんな情報が?

誰でも出来るじゃん

こんな言葉を思い浮かべるかもしれませんが

その考えは間違いです。

 

あなたが出来ることは

誰でも出来るわけじゃありません。

 

あなたが当たり前に考えていて

教わる必要が無いと思っていることでも

教えてもらいたい人はたくさんいます。

 

自分の常識では他人の常識は測れないということですね

 

特に有料のサービスやツールなんかの

使い方や使い勝手の情報は

欲しがっている人がたくさんいます。

 

有料というのは結構高いハードルです。

ビジネス意識が低いと投資意識も低いので

かなり強力なマインドブロックです。

 

”せっかく買っても使いこなせるかわからないし

そこまで役立つかもわからないです。”

↑これが解決できるのが価値あるコンテンツなのです。

 

自分がツールやサービスを使った時に

困ったこと、迷ったこと等をコンテンツにして

情報を発信していけば

役立ててくれる人はドンドン増えますよ!

 

カプセルは価値あるコンテンツのモデル

カプセルというとどんなイメージがありますか?

ガチャポンやタイムカプセル等が浮かぶかもしれませんが

今回は、薬剤をイメージしてもらえると

考えやすいと思います。

 

カプセルは一般的に密閉されたケースを指しています。

薬の錠剤なんかだと

病気に対する必要な薬が全て含まれて

一つの錠剤になっていますよね

 

コンテンツのイメージもこのカプセル💊を

目指せば価値あるコンテンツになります。

 

つまり、以下のもの全てを含めたコンテンツが

価値あるコンテンツになるということです。

  • 情報で達成できること
  • 達成までのステップ
  • ステップの順序

これらがあれば価値あるコンテンツになります。

 

また、達成できることをコンテンツのタイトルにすれば

手に取る側にとってはわかりやすくなりますね

 

最後に

 

以上で解説終了です。

 

価値あるコンテンツを提供するのは

そんなに難しいことではないです。

 

コンテンツで達成できることを教える

達成するための作業ステップを教える

作業ステップの順序を教える

この3つが含まれていれば最強のコンテンツです!

 

提供できる価値(達成できること)も

あなたが経験したことを伝えるだけで十二分です。

 

あなたの常識は誰かの常識とは違います。

あなたがカンタンと思ったことも

誰かにとっては難しいことなのです。

 

自分のおさらいも兼ねてコンテンツを作って

情報発信するコンテンツにしちゃいましょう!

-テクニック
-, , , , ,

Copyright© おっどじょぶマン田中 , 2019 All Rights Reserved.